開業から1週間が経ちました。

おかげ様でこうして毎日施術ができること感謝しております。

昨日は出張施術の依頼があり、
高校3年生でサッカー部の子が今週末から大会を控えているのですが
1ヶ月前から強い腰痛を訴えており、先日病院で脊椎分離症と診断を受けたものの、その後の改善がなくプレイはもちろん日常生活に支障が出るようになったそうで、
大会までに痛みが取れないか、もっと動けるようにならないかとの相談を受けたため営業を終えてから急ぎ秋田に向かいました。

そういった状況で何かできるだろうか…と考えながら実家に帰るとすぐにお母さんに連れられて男の子がやってきました。

施術が本当に可能な状況かどうか、可能であればどうすればいいのかを考えるため、体の様子をいろいろと根掘り葉掘り聞いていました。

その中で気になったのが腰を後ろに反らせることに痛みが出ず、前に屈んだ際に強い痛みがあり、それが分離症の症状の出やすい腰椎5番目でなく骨盤の左下にあることと下肢の痺れがないことでした。
腰椎分離症の多くが体を後ろに反らせた時に痛みが出て、腰椎の5番目に発生し下肢の痺れが出るため
これはもしやと思い、左のふくらはぎの筋肉を調整してもう一度立ってもらってから前屈みになったところ、腰の痛みが減少しておじぎの姿勢が取れるようになっていました。

男子が驚いている顔をした時に内心ガッツポーズをしながら何でもない顔をして施術を続行。
股関節と膝の施術を終える頃には腰を触られる不安感も減っている様子だったので背中と首を施術。
立ち上がり再度前屈みになってもらったときには何とも無いですと言われて再びガッツポーズ。

ただ目標は週末の大会に可能な限りの競技パフォーマンスを高めることですから、
走る、蹴る、跳ぶといった動作で痛みが減らないと動けないと思い跳んでもらいました。
案の定、ジャンプから着地した際に同じ場所に痛みが走ります。太腿と股関節が上手く使えてない上に、その周辺の筋肉の緊張が強いのではと判断して首とお腹を調整してからもう一度ジャンプ。
今度は痛みがありませんでした。

今の状態で分離症が治ったのではなく、痛みが減っているだけで走って足の筋肉の緊張が強くなったり、接触する場面が多くなると痛みが強くなるため、気をつけることなどを伝えて木曜日にまた施術をすることにしました。
この場では痛みが減っても根本的な原因が何かと考えていくとサッカーをしているときの体の使い方や普段の姿勢などなど様々なことが考えられるのでそういったことも良くしていこうと話してその日の施術を終えました。

帰りに自然に腰を曲げて靴が履けていることに母子で喜んでくれた姿をみて私も嬉しかったです。

これまでどういった施術をするのかというお問い合わせをいただいた際に
「その人にあわせた施術を行っています。」という漠然とした答えばかりしていましたので、参考にしていただければ幸いです。

また、事前にご相談いただければ営業時間外や出張での施術も行っております。
ご家族で急な痛みやご高齢で動けない、といった場合も出来る限りのお手伝いをさせていただきます。